フルボ酸 病気

植物などでも免疫力の低下は、様々な病気を引き起こし害虫や病害に見舞われてしまいます。生物は皆ミネラルが必須ですが、そのミネラルバランスが崩れたときに、病気になるといわれています。しかし、ミネラルは必要な物ばかりではなく不必要なものも存在し、さらに現代社会における様々な要因から、体の中に残留する割合も多くなってきたのは明らかでしょう。

 

必要なものは取り入れ、不要な物は排出することが必要になるわけですが、それをサポートしてくれるのがフルボ酸なのです。
単にミネラルを摂取すればそれでいいかと言うわけではありません。理想としてはアミノ酸や糖質との複合体である、キレート化したフルボ酸として摂ることが望まれるのです。

 

私達の身体で、代謝促進や生理的機能維持をするために働く酵素を活性化するためには、このようにミネラルが必要なのですが、食事などでなかなか摂れない微量ミネラルはさらに積極的に摂取することが望まれます。

 

微量ミネラルには、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、モリブデン、コバルト、クロムの9種類がありますが、不足すると代謝が低下したり、免疫低下によって病気にかかりやすくなったりと様々な問題が起こってきます。微量ミネラルをフルボ酸で摂取しながら、余分なものは排出や無害化し、ミネラルバランスを整えて健康維持したいものです。

 

TOPに戻る