フルボ酸 放射能

東日本大震災による原子力発電の問題が明らかになってから、フルボ酸は「放射能」との関連でも注目を浴びるようになりました。
これは、フルボ酸のキレート作用に注目が集まったためでしょう。

 

子どもたちの放射能の影響を心配する保護者などが、全国各地で放射能測定器を片手に測定している姿もまだ記憶に新しいと思います。首都圏からでも、引っ越しまでする家族もいたほど不安に包まれました。

 

放射性物質には2つの物があります。放射能と放射線です。放射線物質にフルボ酸を添加した場合、「原子転換」と呼ばれる原子レベルを変容させる現象が起き、無害化していると思われます。
「ゼオライト」などと違い、吸着させて排出させたり包み込んで排出するのではなく、「無害化」するわけです。

 

海外の国立機関のフルボ酸を添加した水と添加していない水に対する実験でも、フルボ酸を添加した水のほうが、放射性物質であるウランの毒性が最大値で20倍も低い結果が出たという報告があります。

 

また現代の生活の中では、成長期の子供には不必要なものも、嫌でも取り入れざるを得ない環境といえます。このような不安を持つ世代へのフルボ酸普及も、フルボ酸のその評判によって急速に広がりを見せているのです。

 

TOPに戻る