フルボ酸とは

ここ数年、雑誌などでも取り上げられ話題になっている「フルボ酸」ですが、フルボ酸は自然界の腐植物質の中に含まれています。

 

はるか昔に存在した魚介類や藻類また動植物などが、数億年の年月をかけて、微生物による発酵・分解を繰り返されてできたフミン質(最終生成物)から抽出される、貴重な腐植物質ということになります。土壌だけでなく天然水中にも広く分布しています。

 

フルボ酸はミネラル・アミノ酸・糖質などの複合物質で、生きる物すべてがフルボ酸の働きを必要としているのですが、私達はフルボ酸を直接摂取することが出来ませんので土壌で育った野菜や、動物などから摂取しています。

 

自然界でフルボ酸は鉄イオンと結びつくと「フルボ酸鉄」になって海へ移動します。それにより、植物やプランクトンなどの成長を促進させたり、有害物質を無害化したりしているのです。

 

このフルボ酸ですが、今までは抽出するのが困難だったのです。しかし科学技術の進歩や研究開発によって、フルボ酸の抽出に成功したり、作ったりすることができるようになりました。その結果、製品化が加速され注目度がぐっと高まってきたのです。
まだまだ様々な方面への活用が期待される「フルボ酸」。今後さらに私たちの健康増進や美容に貢献してくれるでしょう。

 

TOPに戻る